【口コミ】二重埋没法で失敗したことは?

二重埋没法は気軽にできそうだし試してみたい!

と、埋没法による二重整形を考えている方も多いのではないでしょうか?

 

整形手術は抵抗あるけど、プチ整形なら安心かも?
と考えがちですが、チ整形であっても起こり得るリスクについてはしっかり把握しておく必要があります

 

そこで、本日は二重埋没法でどのような失敗例があるのか?また失敗したという方の口コミについてご紹介していきます。

 

二重埋没法の失敗例

簡単にできるイメージが強い埋没法ですが、リスクがないわけではありません。
では、どのような失敗があるのかをしっかりチェックしていきましょう。

 

埋没法では、

・希望の二重ラインにならなかった
・二重が不自然
・二重ラインが消失した、またはラインが薄い
・糸が露出している
・傷跡が目立つ
・内出血や腫れが長引く
・目がゴロゴロする

などのトラブルが起きることがあります。

 

希望通りの二重ラインにならなかった

二重の幅が狭かったり広かったり、ラインの位置が違ったりと、希望した二重ラインに仕上がらなかったというケースです。
二重の幅や位置は、少しの違いであっても顔の印象が大きく変わってしまうため、失敗と感じることがあります。

 

まずは、腫れが完全にひき二重が完成するまで、施術後1カ月以上は様子をみましょう

 

このようなトラブルが起きる原因としては、
・医師の技術不足
・希望のデザインがしっかり医師に伝わっていなかった

などが考えられます。

 

どのような二重にしたいのか?形や幅についても二重のイメージをきちんと伝えることが大切です。

 

不自然な二重になった

さまざまな理由で、不自然な二重になってしまうことがあります。

二重幅が広い

二重の幅を広くしすぎると、眠たそうな印象になることがあります。
自分の理想の二重幅が、必ずしも自分にとってバランスがいいとは限りませんので、カウンセリング時にしっかりシミュレーションを行ったうえで、二重の幅を決めることが大切です。

 

左右差が目立つ

完全に左右対象な二重ラインを作ることはできないと言われています。
ただし、基本的には左右差が目立たないザインとなるよう工夫してくれます。
シミュレーションや事前の説明と大きく異なるような場合は、手術を行ったクリニックで相談してみましょう。

 

二重が食い込んでいる

施術直後は腫れの影響で、食い込みが気になる場合がありますが、時間の経過とともに馴染んでいき気にならなくなります。
ですから、まずは1カ月以上、様子をみる必要があります。

腫れがひいてからも、食い込みがでている場合は、抜糸や再手術の対象になる可能性がありますので、手術を行ったクリニックで再受診しましょう。

 

二重ラインがガタガタしている

糸を留める位置がズレていると、キレイな二重ラインにならずいびつでガタつく状態となることがあります。

修正するためには糸の留めなおしが必要となりますので、抜糸や再手術が必要です。

 

二重ラインが消失した、またはラインが薄い

埋没法の糸が取れてしまい、二重まぶたが元に戻ってしまうことがあります。
これは、失敗ではなくあり得るリスクとして、保証期間が設けられているクリニックも多いです。

 

埋没法では、

・まぶたの皮膚が厚い人
・まぶたの脂肪が多い人
は、特に糸が取れる可能性が高いことがわかっていますので、対象となる方は、埋没法でいいのかしっかり医師と相談しましょう。

 

糸が露出している

糸の結び目が、まぶたの皮膚表面に露出してしまうことがあります。

通常、埋没法では糸の結び目が見えないよう皮膚内に押し込みますが、医師の技術不足の場合、埋没が不十分なためこのような失敗が起こります。

糸の露出を確認した場合は、抜糸をして再手術することで修正ができます。

 

傷跡が目立つ

まぶたの傷跡がいつまでも目立つ場合は、炎症が起きている可能性があります。
手術を行ったクリニックで診てもらいましょう。

 

内出血や腫れが長引く

通常1~2週間程度で腫れや内出血は治まりますが、1カ月を過ぎても治まらないというケースがあります。

腫れやすい体質だったということもあるようですが、デザインが幅広だったり、手術における手技が未熟というケースも考えられます。

 

目がゴロゴロする

目の中がゴロゴロする状態は、術後時間の経過とともに改善していくケースがほとんどですが、何年経ってもゴロゴロと違和感が残る方もいるようです。

ただし、目を閉じたときの膨らみやしこりなどの違和感については、埋没法での糸の結び目が原因となることがあります。

 

失敗した際の対処は?返金ややり直しは?

糸が取れてしまった場合に関しては、通常保証期間内であればやり直しが可能です。

その他、糸の露出やラインがガタガタなどの明らかに失敗とわかるケースではやり直しの対象となる可能性があります。

 

返金に関しては契約条件によるので一概には言えませんが、返金ではなくやり直しでの対応となることが多いようです。

 

二重埋没法を失敗しないためには?

埋没法を失敗しないためのポイントをチェックしていきましょう。

 

クリニック選びと医師選び

糸の位置や処理など、やはり上手な医師にお願いすることが大切です。

・二重埋没法で実績のあるクリニックか?
・口コミでの評判はどうか?

などしっかり確認し見極める必要があります。

 

カウンセリングでチェック

二重整形を行う際に、カウンセリングはとても重要です。

 

自分の理想を伝え、シミュレーションしてもらう。
そして、理想のラインがどこまで実現するかも、相談して決めることとなります。

 

医師の技術力が高かったとしても、患者さんの希望が正確に伝わっていなければ思い通りの仕上がりにはなりません

また、医師とのコミュニケーションにおいても、人によって合う合わないがありますので、自分の希望をしっかり酌んでくれないと感じるのであれば、他のクリニックでカウンセリングを受けた方がいいでしょう。

 

アフターケアをチェック

アフターケアについても、しっかり対応してくれるクリニックなのか確認が必要です。
術後にやり直しが可能なのか、保証期間はどのくらいかなども合わせて確認しておきましょう。

 

二重埋没法で失敗した方の口コミ

それでは、二重埋没法で失敗したという方の口コミを見ていきましょう。

 

糸が取れた、結び目が露出したという方の口コミ

こちらの方は、術後に糸が取れていることに気づき再手術となっています。

事前に手術前に確認していた、二重の幅にはならず、手術終了後には、奥二重のような幅になり、ラインも綺麗な直線ではなく、ガタガタした二重になり整形したのがバレバレです。
先生に伝えると「目をつぶらなければ分からなよ」と言われた!

診断が終わったけど、気持ちが収まらず、再度この二重はやはりおかしいと思うと伝えた、「糸玉が取れてるね」と言われた。やっぱりおかしいじゃない!!
私が言わなければそのまま帰されそうになってた!

手術受けたことを大変後悔しています!(一部省略)

引用元:caloo

こちらの方は、希望の二重にならなかった他、糸の露出がみられます。

二重幅のシュミレーションを5分ほどして、理想の二重にならなかったのに「んじゃ、いいや。こちらで不自然じゃない二重にしますから大丈夫です」と、納得していないというのに施術室に移されました。
結果、1か月後に腫れはだいぶ収まりましたが、自分が希望していた二重幅とは全く別物の奥二重になりました。最悪です。
左右対称でもない
施術してもらってから1年が経ちますが、右まぶた中に入っているべき黒くて細い施術糸の玉結びした部分が皮膚から出ています。中に納まらないので、目をつぶると黒いイボが瞼についているように見える。(一部省略)

引用元:caloo

仕上がりに納得できていない方の口コミ

こちらの方は、左右非対称となったようです。

二重埋没で行きました。
無理な二重幅じゃないから、ほとんど腫れないと言われましたが1週間目の周りが赤紫で
1ヶ月パンッパンに腫れ、ずっとジンジン痛い。本当に後悔しました。
腫れが引いた後に、左右非対称だと気づきました。
しっかりとカウンセリングをしていただいて、マークもつけたのですが…。
左右合わせるため、もしくは抜糸で、またあの痛みと腫れを体験しなければならないならこのまま泣き寝入りするしかないと思いました。

無理な勧誘はなく、院内も綺麗で、個室の待合室でした。そこはとてもよかったです。

引用元:caloo

こちらの方は、術後の腫れや内出血が酷く、1カ月後も食い込みが強くでています。

ひと月前にフォーエバー二重術を受けました。
担当医は、カウンセラーからは丁寧な先生だと言われましたが、結果は不満足で泣きそうです。
手術直後、すでに内出血と腫れでバケモノ状態でしたが先生からは何の説明もありませんでした。
目薬とロキソニンだけで、他の薬はすべて有料。
病院が必要だとしないならいらないと思い、有料の薬は買っていません。
それから一ヶ月、微妙に腫れは引いたものの、いまだにまぶだの二重線の上下に赤黒い内出血で、腫れによる食い込みは彫刻のようです。
やり直したくてもこの医師は信用できませんし、他院に行くにもお金もありません。
本当に後悔して精神的に病みそうです。(一部省略)

引用元:caloo

こちらの方は、左目の浮腫みがとれないようです。

<施術を受けたキッカケ、施術前のお悩み>
6年間アイプチで二重を作ってきましたが、毎日アイプチをしないと外出できないことに疲れたから。上手く二重ができる日もあれば、失敗する日もあり、朝からイライラするのが嫌になったから。自分に自信を持てるように埋没することを決心しました。
<施術から5週間後のレポート>
<施術後どのような経過を辿りましたか?>
クイックコスメティーク法ダブルでの施術をお盆の9連休を使ってやったので、お盆明けには腫れが引いてくれるかと思っていましたが、内出血と浮腫みが取れず、化粧をしないと整形がモロバレの目でした。20日後くらいに内出血は収まり、一ヶ月後には右目の浮腫は落ち着きましたが、左目が未だに浮腫んでいる状況です。
<アフターケアの内容とその感想>
1ヶ月後のモニター撮影時に、左目の浮腫の件をお話ししました。先生から、幅を取りすぎたから左目は右目のような幅にはならないし、浮腫が取れることはないと思う、と言われました。手術前の二重幅の最終確認の時に左右とも末広でお願いしたのに、右目のできあがりは平行ですし、左目にいたっては失敗なので、人生とお金をかけたのに非常に残念です。こちらから、やり直しですか?と言うと、やり直しの手順を説明されたので、先生から失敗という言葉は出ませんでしたが、失敗されたんだと思いました。とりあえず、術後3ヶ月まで待つことになりましたが、左目は浮腫んだまま生活しないといけないので、精神的ストレスがあります。(一部省略)

引用元:QWINTET

炎症がでてしまった方の口コミ

こちらの方は、目の中のゴロゴロ感と痛みに耐えきれず抜糸しています。

<施術を受けたキッカケ、施術前のお悩み>
年齢を重ねるごとに左右のめのバランスが気になり、以前から気になっていた二重瞼埋没法をしてみようかなと、考えました
<施術後どのような経過を辿りましたか?>
術後腫れはあったのですが、それより目の中のゴロゴロとした感じと 目を閉じた時も痛みが二週間近く経っても全く軽減せず 眠るのに凄く辛かったので三点ドメの所一点づつ、左右抜糸してもらいました
その時も目やにが未だに出ると言っても通常の経過とか痛みがあると伝えても見た感じその様な事は無い、と痛いのは見て分かるのですか?患者の声は全く届くどころか半年経たないと、保証期間外なのでお金がかかる、と、見た目の仕上がりも不自然な感じに思っていましたが時間が経てば、少しは良くなるかな。と思っていましたが 痛みは半年も我慢できませんでした 抜糸の時も、今後何ら保証はありませんとの、誓約書も書かされました物凄く心の無い診療でした(一部省略)

引用元:QWINTET

こちらの方は、感染による炎症で一部抜糸をしています。アフターフォローがしっかりしているクリニックであることがわかります。

2週間程度で腫れが落ちつきましたが、3週間目で埋没部分が感染を起こし4週目に片目一点ずつ抜糸しました。落ち着いたら再埋没する予定です。
感染を起こさなければ悩まずに済んだかなと思います。ただ保証で抜糸、再埋没しても追加料金がかからないのはよかったです。(一部省略)

引用元:QWINTET

まとめ

二重埋没法での施術の失敗例と、実際に失敗と感じた方の口コミをご紹介しました。

糸が取れるほかにも、さまざまなトラブルが起きることがわかりましたね。

 

二重埋没法による整形では、

「綺麗な二重まぶたに満足している!」
「毎日のメイクが楽になった!」

など、満足している方もたくさんいらっしゃいます。

 

その一方、失敗により後悔している方がいるのも事実ですので、プチ整形だからと安心せずリスクもしっかり把握してから受けることが大切です。

 

コラム一覧へ戻る